【在庫僅少本】『暴力と芸術 ヒトラー、ダリ、カラヴァッジォの生涯』

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は1点までのご注文とさせていただきます。

※この商品は送料無料です。

【注意】
こちらの商品は在庫僅少本につき、美本ではありません。
写真のコンディションをご確認いただき、納得いただける方のみご購入下さい。
本商品の購入後のキャンセルなどは対応できかねますので、その点ご了承くださいませ。

【商品】
書名:暴力と芸術 ヒトラー、ダリ、カラヴァッジォの生涯
著者:勅使河原純=著
発売日:2003年7月発売
ISBN:9784845903504
価格:2,160円(本体:2,000円+税)
http://filmart.co.jp/books/fine_arts/2006-9-11mon-2/

芸術は狂気か? 崇高か?

芸術は野蛮か、崇高か? ナチ党首になった元貧乏画家ヒトラー、サディスティックな扇動家ダリ、殺人事件を犯したカラヴァッジオ、表現と暴力の親和性に初めてメスをいれた挑発的評伝


目次
(1) わが芸術闘争 —- アドルフ・ヒトラー
父子 ウィーンの三文絵描き ナチ幻想都市 近代美術絶滅作戦
(2) 美は残酷にあり —- サルヴァドール・ダリ
身投げ考 美食のすすめ 人心撹乱 光芒シュルレアリスム ファッションの貴公子 パリ大芝居
(3) 殺しと画聖と —- カラヴァッジオ
無頼漢作家 麗しのバッカス 聖者の殉教 街角での暴力 バッラコルダ殺人事件 南イタリア逃避行
【 著者紹介 】
1948年岐阜県生まれ。東北大学美学西洋美術科卒業。美術批評家。世田谷美術館学芸部長。『アフター・アート』『美術館からの逃走』『花のピカソと呼ばれ』など

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

ショップの評価