【在庫僅少本⑤】『映画の瞬き 映像編集という仕事』 ウォルター・マーチ著/吉田俊太郎訳

【注意】
こちらの商品は在庫僅少本につき、美本ではありません。
写真のコンディションをご確認いただき、納得いただける方のみご購入下さい。
本商品の購入後のキャンセルなどは対応できかねますので、その点ご了承くださいませ。

【商品】
『映画の瞬き 映像編集という仕事』
ウォルター・マーチ著/吉田俊太郎訳
四六判
192ページ
1700円+税
ISBN 978-4-8459-0820-2

http://filmart.co.jp/books/review/2008-7-16wed/

画面を息づかせる〈編集〉の極意!

『地獄の黙示録』『イングリッシュ・ペイシェント』など、ハリウッドの第一線で活躍してきたカリスマ映画編集者が、長年の経験で得た知識とセンスを伝授。

アナログからデジタルへ……技術面で革新的飛躍を遂げた映像編集。著者のウォルター・マーチはフィルム時代から業界に携わり、フランシス・F・コッポラ、フレッド・ジンネマンなどの大御所監督から厚い信頼を寄せられてきた編集界のエキスパート。みずからの豊富な経験をもとに、映像編集のエッセンスを時に厳しく、時にユーモアを交えながら伝授した本書は、「映像編集のバイブル」として英語圏でロングセラーを記録。ウォルター先生の熱き編集哲学に耳を傾けよう!

【著名監督からのコメント】
 映画制作のプロセスを知りたいと思っているあらゆる人々にとって、
 この本はマスト・アイテムだ。 ――ジョージ・ルーカス
 ウォルターは私の目指す先駆者そのものであり、彼の発する言葉には、注意深く、
 そして楽しみながら耳を傾ける価値がある。 ――フランシス・F・コッポラ
 実際の話、マーチは自分の手がけたあらゆる作品と恋愛関係にあったのだ。
 本書は、そんな彼の情熱の記録である。ついに彼は、さまざまな作品との
 恋愛経験を こと細かく打明けてくれたというわけだ。映画をそこまで
 愛することができない者たちのために。 ――フィリップ・カウフマン
 このささやかな本には、映画が産み出される神秘さに関して、直接的な現場の
 知識がふんだんに収められている。プロにとっても映画ファンにとっても、
 計り知れないほどの価値があるだろう。 ――フレッド・ジンネマン

¥ 1,836

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。